水脈調査

ウェルドクター®のダウジングとVLF探査でアクアカルテ®を作成

 

「井戸が私たちの生活に必要ということはわかったけど、そもそも井戸ってどうやって造るの?」

 

ただやみくもに、地面をどんどん掘っていけば、いつか地下水にたどり着く・・・

みなさん、そんなふうに思っていませんか?

そのやり方では、かなりのお金と時間が必要ですし、環境にも大きな負担がかかります。

しかし、はじめから地下水脈のある地点で井戸を造れば、このようなリスクは避けることができます。

内外地下開発は効率よく地下水脈を見つける技術をもっています。

それが、ダウジングVLF探査(特許:電磁波測定システム)であり、

これらの方法で見つけた地下水脈を可視化したしたものがアクアカルテ®です。

 

 

工事3※現地踏査

水脈調査 「地下を見る。水脈を探す。」

水はどこを掘っても出るものではなく、そこに地下水脈がなければ水は出ません。

内外地下開発は独自の技術で地下水脈を探し、井戸を掘る場所をピンポイントで選定します。

水脈探査にはいろいろな方法がありますが、内外地下開発ではダウジングVLF探査を利用して高精度な水脈調査を行っています。

ダウジングは地下の目に見えない情報を感知する手段で、古来から世界中で知られています。

内外地下開発ではダウジングを水脈調査の一手段として利用し、数多くの成果を得ています。

VLF探査は内外地下開発の特許技術(電磁波測定システム)で、こちらも多くの実績をあげています。

そして、これらの方法で見つけた地下水脈を可視化したものが」アクアカルテ®です。

地図上で水脈の分布・状態が明確に把握できるため、ピンポイントで井戸を掘る場所を選定することができます。

どんな調査をやっているの??

  • VLF探査

    vlf探査

     

    水脈調査の方法としては電気探査がよく知られていますが、内外地下開発では独自技術によるVLF探査を利用しています。

    VLF探査は、長距離通信に用いられる強力で安定した既存のVLF波を媒体として既成の物理探査法ですが、ノイズの問題で国内では普及が遅れています。

    内外地下開発は、特許技術(電磁波測定システム)でこの問題を克服し、実用化に成功しました。

  • ダウジング

    ダウジング

     

    ダウジングとは調査ルートをダウジング能力を有するダウザーが踏査し、

    水脈の分布・性状を把握するものです。

    水脈の状況を現地で速やかに、かつピンポイントで把握することができるため、

    内外地下開発では水脈調査の一手法として利用し、数多くの実績をあげています。

    VLF探査との併用も長年行ってきていますが、両者の結果はよく一致しています。

  • アクアカルテ

    アクアカルテ

     

    ダウジング、VLF探査による水脈調査結果を可視化したものがアクアカルテ®です。

    地図上で水脈の分布・状態が明確に把握できるため、

    ピンポイントで井戸を掘る場所を選定することができます。

    また、既設井戸の改修工法に関する検討資料にもなり、さらに災害対策用のハザードマップとしての利用も期待されます。

有効な水脈が見つかったら・・・

新しい井戸が造れます!

 

 

井戸を造るには、まず地下の状態をきっちり把握することが重要です。

独自技術により水脈調査(ダウジング、VLF探査)では地下水脈、地質構造・断層を把握することができます!

水脈調査で掘る場所を決め、水脈性状と用途に見合った井戸を提案・築造いたします。

 

 

井戸※井戸新設の様子

アクアカルテ®は災害対策にも期待!

 

 

日本は地震や台風など、災害が多い国です。

その中でも地すべりの多くは、地下水位の上昇が原因です。

このような災害の対策にあたっては、地下水脈の分布状況を知ることも重要な課題となります。

アクアカルテ®は、このような分野のハザードマップとしての利用も期待されます。

 

 

水道※手動の防災井戸

井戸の工事を手掛ける株式会社内外地価開発は、ウェルドクターとして、独自の技術を活かしお客様のご期待にお応えいたします。
当社が手掛ける新設工事は生活用、農業用水、産業用、災害に備えてなど、目的や必要な水量に合わせて最適な井戸の工事をご提案いたします。
どこに掘ればいいのかわからない場合には特許技術のVLF探査を使い映像として水脈をみることができるアクアカルテをご提供し、井戸を掘るべき場所がピンポイントで知ることができます。
また断水することなく井戸の増強工事ができるReWell工法もウェルドクターならではの独自の技術です。